単車好き♪

単車好き♪

単車とその他諸々な日々
今何時?
月月火水木金金

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

私は

drasticmachine

Author:drasticmachine
何はともあれ
単車好きな私・・・・

カテゴリー
貴重なご意見
最近の記事
ガソリン最安店(愛三岐)


gogo.gs
gogo.gs

リンクして頂いた皆様!
月別アーカイブ
GORAIJYO

天気天気天気!

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20081020 Mon
マナヤ250♪ 

マナヤ250♪ 

どえりゃぁ~いい天気♪
※工場横の電柱にいたカマキリ 最近のSSみたいな顔でかっこいい!てかSSが似てきたのか???


※小さい画像はサムネなんでクリックで大!

本日、以前まなやんさんと約束しておりました、マナヤ250(マグナ250)のちょっとメンテを行いました。
朝9時から作業しましょう!と私の所へ(工場へ)あらこさんと来て頂きましてピッタリ9時に到着!
今回、何故メンテ?と申しますと、まなやんさんがとある日、出かける際にエンジン掛がからず、
何度かセルを回し続け、バッテリー(以下BT)上がりになってしまいまして・・・と
BTを替えないと駄目と単車屋に言われたんですが・・・と
BTの価格が2K(1K=1萬圓)高っか!
そんなに高いのは・・・と相談を受けており
じゃぁ海外OEM製品のBTなら安く入るから交換しようとの話でしたが、ちょっと待てよ?その後一度
エンジンを掛けてもらったのですが、「掛かった!」と言うのでこれは、エンジンの掛かりが悪いのでは?
と思いまして「ではメンテしますか!」って事で本日、青空メンテを開催♪
ではでは分解しましょう
SANY0010.jpg
シートを外し、サイドカバーを外し、

タンクを外し
SANY0012.jpg
まずはキャブとフィルターの掃除から・・・
フィルターは案の定黒ぉ~くなってまして、クリーナーで一気に清掃!
キャブを覗くと、スロー導入部分、負圧導入部分、ニードルが真っ黒・・・
業務用(汚れがもの凄く落ちる)キャブクリーナーでこれまた一気に清掃!
プラグも外し、焼け具合も黒系、ネチャリもあり、クリアランスの調整と
ブラシで清掃!
オイルは交換したそうなのでそのまま
向こうに見えるは、あらこマシン!
SANY0013.jpg
丁度、この前の日にまなやんさん、美容室で編み込みをしてもらいまして
超細かな編み込みで(凄い細かい作業!)編み込みの方法でも表と裏があ
るようで難易度の高い裏編み込みをしてきました。ここまでキッチリとし
た編み込み初めて見ました、凄いねぇ~
PS 私には絶対、○×△□な編み込み♪
SANY0009.jpg

清掃も終わり、組付けへ・・・・
取り敢えず私が試運転しに行ってきました、エンジンも快調!アイドリングを
ちょい上げて安定させて帰ってきまして、まなやんさんに乗って頂きました。

SANY0016.jpg
あらこさんも試乗!先日買った、ザクティで動画も撮ってみました。
※私の名古屋弁許してちょぉ~



いるか池まで小突試運転つ~へ行って参りました。
丁度お昼時だったので、あの!カレーうどん屋へ行って参りまして
(ごめんねお水さん行っちゃったぁ~!!!)
休憩に入鹿池のでんがく屋までGo!
SANY0020.jpg
入鹿池でまったり休憩して向こう側の道も走ってみようって事で
尾張パークウェイをちょこっと走ってUターン!何故Uターンってのは
あらこさんが入鹿池に向かう時に牛岩の水の看板を発見しまして、水飲みに行こうとUターン!
SANY0028.jpg

あらこさんとまなやんさん何かを発見し爆笑中・・・
動画の最初であらこさんの左手小指を注視しててね。

デジカメを色々やってまして、その時にあらこさんのおもろい仕種発見!
何故か小指がぴーん!と立ってきます。。。何~故~
SANY0029.jpg
木彫りの地蔵様が数十体(30体以上あったかも)の前で記念撮影
SANY0032.jpg
かなり珍しいメンバー!でしたねぇ~。
SANY0033.jpg

この後、喫茶店へ寄りまして小休憩、名草線までお付き合い致しまして
散会となりました、今回は笑いの絶えない両手に花で小突発つ~♪♪♪楽しかったっす!ありがとうございました。

PS まなやんさん単車の洗車とワックス掛けてねぇ~
PS あらこさんポリタンクで水取りに行くときは誘って下さいまし。
PS 実は鯛長が来る予定でしたが間に合わず。更にMORIさんも別件で登場して
  おりました!写真が無い。。。。。。すんません。

スポンサーサイト
20081008 Wed
ディアブロロッソ 

ディアブロロッソ 

 文字間違えてたんで修正!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       
       ,へ,__
     _|  i `ヽ∧ ∧
    .//|  〇__( ゚Д゚) シュゴォォォォォ!!
    (/./⌒)___,>、_   )  (´⌒(´⌒;;
   .|/  //、 ヽ、_ノ  (´⌒(´≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡⌒;; 
  /  //^ヽ、i   |≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
 (___./ ̄`⌒ヽ、  丿(´⌒(´⌒;;


以前、タイヤを交換したブログを書きまして、その後の
インプレがなかなか書けなくやっとインプレ致します。

ディアブロロッソ

タイヤ交換直後・・・
第一印象は硬め?その後路上に出まして、転回した際スッとした切れ込み。

皮むきに行った時に・・・
クラカケ峠へ行った時の印象は剥くだけのイメージで走行してたんですが
この時点でタイヤの性格がわかりました。
ゆっくりとした速度でも「トレースしやすい。」
以前のタイヤは狙ったライン上でゆらゆらした感じがありましたがこのロッ
ソは「ピシーっ」とした「レールの上を走る」と言えばわかるんでしょうか?
その「ピシッ」とした感じがハッキリしています。
以前のタイヤはハンドルへある程度力をかけ安定させてましたがその必要が
無く、コーナーへフリーステアで侵入後、タイヤが「食いついてるんで行っ
ていいっすよ」と言っている様な安定感があります。
つなぎ目や凸凹でのダンピングに対しても良く、減衰硬め設定にしました。

剥いてる最中も滑ることは無く、旋回時の応答が俊敏な感じです。

もう一つ気付いたのが、暖まりが早く十分暖まっても変化が無い事です。

以前のタイヤは暖まりはゆっくりで、十分暖まって良いなぁ~と攻め始め
ある一線を越えると急にグニャ~っとしてました。滑るんですなぁこれが・・・

剥いてから
とある峠でちょい攻めしたんですが、冷えてる状態から走り出してもグリッ
プが良く、走り出してからも暖まりは早く、更にグリップが増してきます、
今までの寝かせ方(ライディング)とは違う走り方になりました、皮むきの
際に分かった「トレース」のしやすさが攻める際に生きてきます、立ち(タ
イヤの角度)があるのでコーナーに入る時スコッっと入ります、入ってから
ピシッっとしたタイヤからの応答が安心感に繋がります、私もそうでしたが
よく攻める方の見解ですとフルバンクして耳まで使ってギュィ~ンと抜けるの
がタイヤをよく使ってコーナーが速いと言う判断材料がありますが、そこま
で攻めなくともグリップ抜けが無く安心して行けるのが実感できました。
もっと攻めて耳まで使ってコーナーを抜けても、このタイヤは安心して対応
できる幅を持っていると思います。
コーナーの立ち上がりで、多分タイヤの立ち(角度)があるので起きてくる
のが遅い感じがします、まぁ起こせばいい話ですが。。。


次回は攻めた時をインプレしたいと思います。
※このロッソの耳はほとんどスリック状態なんできっとお~もろ~♪

20080810 Sun
赤い悪魔 

赤い悪魔 

ディアブロロッソ

タイヤ購入!ピレリのデュアブロロッソ。
本日履き替えてきました。
何故に此にしたかと申しますと、以前車関係の仕事をしていた仲間で
タイヤ屋をやっている友人に直接聞いて見ました、以前のディアブロ
よりグリップの良さと減りの問題を解消??←本当か?
コルサⅢよりは減らないとの事。コルサⅢと比べると若干グリップが
落ちるが(コンパウンドの違い)相当いいぞと、つ~にも行くちょい
攻めもしたいんならロッソで十分楽しめるとご教授。

他のタイヤも聞いた所、ビバンダムのパイロットパワーかDunlopのGPRⅡ
がお勧めだそうな、つ~のみや長距離で一番マッチするのはパイロッド
ロードだそうです。(長生きタイヤ)

↓履き替え直後のフロントタイヤ
DVC00043.jpg
リアタイヤ↓サイドには殆どスリットがありません!いいねぇ~!
DVC00045.jpg
タイヤ慣らしの為、当日120キロ程ひとっ走り、ビートの密着、カーカスと
モールドの慣らしは十分、エッジ以外の大体の部分はワックスも無くなり
綺麗にマットなブラックへ。
120キロ後のFタイヤとRタイヤ
DVC00051.jpg
DVC00050.jpg

所見は、以前のタイヤはヤンワリ、マッタリ、グニグニっとしていましたが
このタイヤは安定したハンドリングです、カーブ内の挙動がピシッ!ピタッ!
としてます、まだ攻めるにはもう少ししてからですね、縁を使うようになれ
ばこのタイヤの能力がわかりますので、ちゃんとしたインプレが出来るかと
思います。明日は窒素を入れてきます。
※窒素って何ぃ~って方は後日記事にて

20080609 Mon
オイルが老いる時・・・ 

オイルが老いる時・・・ 



先日、エンジンオイルを交換しました、純正オイルを入れておけ
ばまず間違い御座いませんがエンジンオイルについて


オイルを選ぶとき何を基準にしてますか?

APIグレード
SAE粘度
成分
ブランド

と基準的なところはこんな感じですが。

ブランドのイタリアのカバンとか靴とかと一緒で日本のOIL界で
も威力を持っていまして、カストロやBP、モチュール、エルフ、レ
プソル、ワコーズ、シェル、などなど、これ以外に沢山のブランド
がまだありますが一番売れているのはどこだろう?

沢山あって分かりませんです、もう好みですかね。

MotoGPでワークススポンサーだとHONDAならレプソルとカストロ
YAMAHAならモチュール、SUZUKIもモチュール、Kwasasakiなら
エルフ?DUCATIならシェルといった感じですかね。

昔々、私が車関係の仕事をしていた時の話ですが、ケミカルメ
ーカーがオイルを輸入して販売しようとしたんですが、その担当
してたのが
「4Lで3000円以下でもいいんだけど日本だと新参ブランドでな
おかつ安いと、性能の低い廉価オイルだと思われてまったく売れ
ないんです、だから1Lで3,000円とか4Lで1万円といった値段を
付けて高級高性能なイメージを出さないとダメで中身は同じな
んですけどね」と言っていました。

ほんと、この話聞いたときは嫌になりましたね。。。。

結局そのオイル販売は取りやめになったのですが、入って来る価
格は1L当たり数百円そこそこ、当時の原油価格もアメリカと日本
では段違いで安かった事もあり、ハーフジュリカンを貰って入れて
たんですが、結構いいオイルでしたが、まぁ裏を返せばオイルが当
たれば爆発的に儲かるわけです。 

因みに
○ル○リンと○ンズ○イルって所、普通に入ってきてしかも高い。

レース屋とかマニアの間でうけてるモチュ-ルとかカストロも25年
ぐらい前までなんかはレースの写真やレースでチラっと見る位で、
CMも殆ど流れてなかったと思います、海外ブランドオイルは日本
ではほとんど知られていなかったとおもいます、国内CMだとエッソ
でバナナで釘が打てますとか他に日石位でしたが、85年代半ば
のGPが流行りだして、2ストオイルならカストロがワークス供給し
4ストオイルで初期の頃にはヨシムラがモチュールをフルサポートし
た事で一気に知れ渡り売れたんじゃないでしょうか?
カストロとか有名処のブランドオイルのフィーが年間通?千万円
以上なんて雑誌にも書かれていたのを思い出します。タバコ会社
なんてもっと凄い金額だったと思います。
F1とかGPもそうでしたが、この頃のマシンはタバコ屋カラーが多く
マルボロ ロスマンズ、ハーベー、JPS、色々ありましたね。

相変わらず話がずれて行きますが、車の場合、オイル交換する時
には、純正以外に沢山の種類があります、ショップのオイル担当や
メカニックが相談に乗ってくれますが、ひいき目な主観と思い入れも
あったり、販売しなきゃって事もあり、選択しにくい所もありますが4
輪オイルはブランドオイル、純正オイル、低価格でもそれほど悩むこ
ともないと思います。

一方、2輪の場合は、大体がバイクを買ったショップで交換するの
が多いかと思います、ですが、純正か1~2種類程しか置いてない
のが普通で、最近のパーツショップですと、レーシング○ールドやラ
イ□ラン○とかでは色んな種類が置いてあります。正直に言って
オイルをよく知ってる店員ですと、自分の好みや押し売り的な所も
チラホラあり、知らない店員ですとドツボにはまります。
実際、特別な免許とか何某は必要ないし、整備士の免許が有っ
ても無くても、オイルは販売できますしね。

交換時期の基本は走行距離で考えればいいですね。シビアな方
なら、走り方や排気量、エンジンに火を入れる回数で月1~2回
の方、毎週、毎日で変わってきます。(エレメントも含め)

自分で交換する場合は基本的にオイルは自分で選ぶ事になります。

車用なんて入れたらてぇ~へんな事に「クラッチが!」とか「ギアが
!あれ?」とか 

もうちょっと掘り下げた話は、次回へ

20080528 Wed
歴代 3 (※注意※ 長文です・・・) 

歴代 3 (※注意※ 長文です・・・) 

フェックス
乗ってたのは短かかったのですが、初の400㏄で先輩のお下がりで
した、フェックスはZ1によく似ていて、車体もでかくて何より重い、とに
かく重い、19のフロントで乗り位置も結構高くてミクロマンな私は短い
足であんこを抜かないと

「つま先立ち!」

ショート管で絞ったハンドルをと言えば分かりますかね、そんな時もあ
りました。

軽い250レプリカに乗っていたので余計に何もかも重く感じました、C4
の後釜的な感じで言われてましたが、C4より今じゃフルレストアした物
は無茶苦茶な価格で売られてます。

「残しておけば良かった」

話がズレます。。。(うす~い記憶を辿ります。。)

ジーピー、CBX、XJ、GSXが発売されてたのは丁度中学の頃で、オート
バイと言う、ほぼ広告掲載満載の分厚い雑誌を目に入れても痛くない程
に読みあさっていまして、オフ車好きならご存じかとおもいます。
東福寺の××ライディングテク!とか
ロード好きなら
俺サA級なにがしとかあったの覚えてますか?
そのオートバイ誌を元に、俺はCBXだ!おれはXJだ!GSXが一番だ!
RZ350が間違いない!とか車検があるから250の方がいいと堅実な奴
とわいわい言いながらみんな妄想族に・・・
あとミスターバイクとか漫画ですと「バリ伝」とか「ふたり鷹」
※ほぼ私はバリ伝に影響されてます。。。。
中三卒業間近の頃にはCBR400Fが発売、FZ400RとGSX-Rも発売?
だったかうる覚えなんですが、中型400のレプリカに火が付き始めてた
頃だと思います。8耐4耐の人気もあって、中学時代は近鉄電車に乗っ
て見に行きましたね、デートも行きました、耐久何某は又今度の機会に
書き込みます、とにかくもう単車に乗りたくて乗りたくてどうしようもない
状態で

卒業!

高校に入ると三無い運動完全施行、殆どの学校で 発令真っ只中!

原付を取りに平○試験場に行くと先生が居るとか、色んな噂の噂で超
びびり状態で試験場へ、後の中免の時なんかも友人共々ビクビクで○
針試験場へ、何てったって見つかったら停学、免許没収!単車があれ
ば単車没収!極みは退学の時代でしたからね。

晴れて免許皆伝した妄想族達は、遙かなる差のギャップ(現実)を目の
当たりにしました、価格は分かっていたのですが、400の価格と付帯する
税金とその後の車検代、当時の400の新車価格は一馬力一万円な感じ
の価格、消費税なんて物は無く、付帯税で大体CBRだと60万以上だった
かなぁ~CBR400Rってのもでて、GPZ400Rとか今で言うツアラーな単車
なんかはもっとしてたと思います、VTは丁度新しいモデルが出る前で値
引きしてもらって35万位で買った記憶があります、それでも20万以上の差
中古の検有りでも50万以上、CBRやFZ、GSXRは高嶺の花、それ以前の
物で検無しの場合、車検代と付帯税・・・が大きな壁になり、高校時代は
バリバリマシンと言う雑誌の影響で更に妄想族へ。
お金も無いので本当に高嶺の花、なので中古の2スト250乗りが多かった
乗ってた奴もいましたが 「BONBONのみ買える代物」 でしたね。

話を戻まして、もの凄い短い期間でRZ→VT→RZ250R→ガンマ→TZRと
来て、初の四発四百でフェックスとジーピーに
フェックスは色々あって闇の中へ・・・

ジーピーは、先輩達が400レプリカや大型へ乗り換えするという状況もあり
一人はXJ一人はGSXと後輩達にとっては棚からぼた餅状態で、譲り受け
るという言い方はなんなんで、実質、後輩の私達は買ったんです、でも中
古車市場よりもかなり安く購入できたのは先輩達の優しさ?ジーピーは
走行距離も少なくて上玉も上玉で、先輩にさそわれ耐久を見に行き、この
時に聞かされたんですが、4耐久で優勝したんだぞGPは

「え~!」

てなもんで優勝したのは私が中学の頃の話でしたが、余計にいい単車
の気がしてきて、とっても安易♪に即購入!

「ハッ!今気付きました、先輩に乗せられましたね。」

250の2ストレプリカとは全く違う領域の乗物でした。何ともトルクとパワー
が違ってまして、この時改めてKawasakiの良さを知りました、頭の中に刻
まれたんでしょうね。川崎重工が。
CBXが幅を利かせてた時に打倒CBX!で出てきたGPは流石です!負け
ませんでしたね、シグナル0-4的な時はGPが勝っていましたが、山へ入
ると19インチのフロントが泣かせます。
(腕もないのにねぇ~良く言うよねぇ~)

寝ませんです。
(でもフェックスより、数段良かったと思います)

RZの時やガンマの時の様に軽く入らず、倒しこんだる!イメージでしょうか
今乗ってるZRXもそんな感じです、「そんな感じが好きなんでしょうね」私は
入ってしまえばきちっとしますが、左右連続コーナーでは、グッと持ち上げ倒
込むの連続作業、コーナーの立ち上がりではトルクが「ドッ!」と来るのでア
クセルも丁寧に開けてあげないと、タイヤも細くて、グラ付いてくるので、内
ももで押さえて踏ん張り切ってアクセルを開けると言った具合でした。
この頃は、250のレプリカも、フロントとリアのサスがとてもいい物へ変化し
てきた時期でもあり、略した名前にシビレて買っていた奴も居ましたね、400
もレプリカが流行っていた頃で、レースからの恩恵受けた市販車がバンバン
出ていましたが、買えるはずもなくジーピーに乗り続け、半年位で乗り方が
大変下手くそだった事もありコーナーを曲がり損ねダウン!直す資金もなく
手持ちの原付へ乗る事に。

その頃の、GSX-RやFZR400にCBRなんかは凄かったですレースマシ~ン
のフィードバックで何でもありの技術結晶注入投入!各メーカーお盛んな頃
でした。新型・新車なんて学の身なので到底買えません。

そこで出会ったのが、CBX400F赤ソリッドの中古!ヤマハオートセンター
(今の赤男爵)にあったCBXに

一目惚れ♪

中学時代の憧れもありましたが、トリコロールカラーが当たり前なCBXばか
りで、その中でも初期モデルFCで赤ソリッドカラーが置いてあるじゃない!
しかも!試乗させてくれて、様相といい格好良さに頭のネジが外れ

購入!

VTを購入した時以上に更なるバイトの掛け持ち、見返りは勉強できずで、
大変な事態になりかけ、でも単車の事で頭が一杯!単車代も献上しつつ
バイトの毎日で、乗る時間が無くて磨きに勤しんでました。

ジーピーの頃とは打って変わってFR18インチ!GPより、よく寝る、とにかく
乗りやすいエンジンも良く回るHONDAのEngine、2バルブと違い4バルブで
甲高く、ジーピーと比べるとトルクが低い感じで、下からの引っ張る力が弱
い感じでしたが、上の方になると回る回る!当時既に販売していたFZRや
CBRには劣りますが、フロントは4段エアサス(直ぐ壊れました)リアはプロ
リンクって名前のサス!軽量なアルミホイール!初めはどノーマルで乗っ
てまして、遠出のツーリングへ行き出したのもこの頃でした。

1年位過ぎて、とうとういじり出しました
                        ↓意味は後ほど分かります。
VF400インテグラのフロントを換装と御飯の猿人へ。
しかし、換装できる迄は前途多難な道のりと超ラッキーな出来事がありま
した、CBXは18インチのインボードディスクでVFインテグラは16インチWディ
スク、インボードディスクより軽いホイールになってまして16インチWディスク
にしたいが為に改造。。。

今日のネットの時代でオークションとか便利な物といいますか、そんな物も
情報も全く無く、事故車とか部品取りなんて物も余りありませんでした、何
とか情報を仕入れてVFRとCBR400Fのフロントがいけるぞ!と聞きますが
まず無い状態、VFRの事故車からブレーキ一式を手に入れ、次にリアホイ
ールその後フロントのホイールを手に入れ、リアが逝ったVFRが出てきたの
で解体屋へ見に行ったのですが、雨ざらしで駄目かなぁ~ととりあえずフォ
ークを見たらやっぱり錆が浮いてる。
交渉して5000円で購入し、分解して見た所ギリギリシールの部分には
錆びもなくステムの所だけだったので綺麗に磨き使える状態へ。
他の部品もと思い、次の週に解体屋へ行くと・・

DERA   インテグラあるが!
大将     盗難で、エンジン回されてもう掛からんぞ
DERA      エンジンはえ~て、フォークは生きとるんでしょぉ?
大将        タイヤの溝あるで1万でいかんか?
DERA         タイヤいらんで、自分でばらすで5000円で頼むてぇ~

陳謝※スッゲェ名古屋弁で失礼します。

早速大将と交渉、忘れないぞ!くそ大将!足下見やがる大将で先週買った
フォークを3000円で買取ると言い放ち、くそぉ~と思いながら買い取らせその
3000円を手付け金に、後後後後日改め買い出しに、この時、運を使い果たし
た如く思える、超ラッキーな事が、後後後後日にお金を持って行くと今度は

「550が寝とるてぇ~!」
 ↑
ゴーハンっていいます。(CBX550F)ですね。

見たら、えらい事故車で、フロントは全く×リアのタイヤも吹っ飛んで、カウル
タンクは何処へやら?クラッチカバーの上の方は削れ過ぎて、覗けばクラッ
チ見えてたし、何故かジェネレータカバーは無いし、でも、クランクケースの
割れやフィンやヘッドカバーは擦れてた程度ヘッドとシリンダーピストン等は
間違いなくいける!でも、どう見ても悲惨な状態の550F・・・・・・

「ど~せたけぇ~事言うんだろうなぁ」と思い大将に聞いたら

「じゃぁ~あそこの山全部ばらしたら、エンジン持ってていいぞ!」って
山ってのはボロボロになった原付の山

あれだけ恨んだ大将に、二人目の天使が降臨!
まぁ大将からしてみれば、ボロボロだったし、ばらすの面倒だし、直る訳ない
だろうと思ってたんでしょうね、私にとっては、とんでもない価値のあるエンジ
ンなので原付バラシの快諾!その台数と来たらえらい台数で・確か20台位!?
やっとCBXのエンジンへ、取外して、つれの店の軽トラに乗せ帰宅。

友人ありがとう!サンバーありがとう!

かぁ~!!!!550のエンジンが目の前に!

ここからこの部分を書くと無茶苦茶長くなるので       省略。。
             
試行錯誤の末、素敵で無敵なCBX400F貝御飯として生まれ変わりました。

海苔味は、長文過ぎなのでKawasakiにはまって行くと共に、また次回・・・

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。