単車好き♪

単車好き♪

単車とその他諸々な日々
今何時?
月月火水木金金

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

私は

drasticmachine

Author:drasticmachine
何はともあれ
単車好きな私・・・・

カテゴリー
貴重なご意見
最近の記事
ガソリン最安店(愛三岐)


gogo.gs
gogo.gs

リンクして頂いた皆様!
月別アーカイブ
GORAIJYO

天気天気天気!

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080528 Wed
歴代 3 (※注意※ 長文です・・・) 

歴代 3 (※注意※ 長文です・・・) 

フェックス
乗ってたのは短かかったのですが、初の400㏄で先輩のお下がりで
した、フェックスはZ1によく似ていて、車体もでかくて何より重い、とに
かく重い、19のフロントで乗り位置も結構高くてミクロマンな私は短い
足であんこを抜かないと

「つま先立ち!」

ショート管で絞ったハンドルをと言えば分かりますかね、そんな時もあ
りました。

軽い250レプリカに乗っていたので余計に何もかも重く感じました、C4
の後釜的な感じで言われてましたが、C4より今じゃフルレストアした物
は無茶苦茶な価格で売られてます。

「残しておけば良かった」

話がズレます。。。(うす~い記憶を辿ります。。)

ジーピー、CBX、XJ、GSXが発売されてたのは丁度中学の頃で、オート
バイと言う、ほぼ広告掲載満載の分厚い雑誌を目に入れても痛くない程
に読みあさっていまして、オフ車好きならご存じかとおもいます。
東福寺の××ライディングテク!とか
ロード好きなら
俺サA級なにがしとかあったの覚えてますか?
そのオートバイ誌を元に、俺はCBXだ!おれはXJだ!GSXが一番だ!
RZ350が間違いない!とか車検があるから250の方がいいと堅実な奴
とわいわい言いながらみんな妄想族に・・・
あとミスターバイクとか漫画ですと「バリ伝」とか「ふたり鷹」
※ほぼ私はバリ伝に影響されてます。。。。
中三卒業間近の頃にはCBR400Fが発売、FZ400RとGSX-Rも発売?
だったかうる覚えなんですが、中型400のレプリカに火が付き始めてた
頃だと思います。8耐4耐の人気もあって、中学時代は近鉄電車に乗っ
て見に行きましたね、デートも行きました、耐久何某は又今度の機会に
書き込みます、とにかくもう単車に乗りたくて乗りたくてどうしようもない
状態で

卒業!

高校に入ると三無い運動完全施行、殆どの学校で 発令真っ只中!

原付を取りに平○試験場に行くと先生が居るとか、色んな噂の噂で超
びびり状態で試験場へ、後の中免の時なんかも友人共々ビクビクで○
針試験場へ、何てったって見つかったら停学、免許没収!単車があれ
ば単車没収!極みは退学の時代でしたからね。

晴れて免許皆伝した妄想族達は、遙かなる差のギャップ(現実)を目の
当たりにしました、価格は分かっていたのですが、400の価格と付帯する
税金とその後の車検代、当時の400の新車価格は一馬力一万円な感じ
の価格、消費税なんて物は無く、付帯税で大体CBRだと60万以上だった
かなぁ~CBR400Rってのもでて、GPZ400Rとか今で言うツアラーな単車
なんかはもっとしてたと思います、VTは丁度新しいモデルが出る前で値
引きしてもらって35万位で買った記憶があります、それでも20万以上の差
中古の検有りでも50万以上、CBRやFZ、GSXRは高嶺の花、それ以前の
物で検無しの場合、車検代と付帯税・・・が大きな壁になり、高校時代は
バリバリマシンと言う雑誌の影響で更に妄想族へ。
お金も無いので本当に高嶺の花、なので中古の2スト250乗りが多かった
乗ってた奴もいましたが 「BONBONのみ買える代物」 でしたね。

話を戻まして、もの凄い短い期間でRZ→VT→RZ250R→ガンマ→TZRと
来て、初の四発四百でフェックスとジーピーに
フェックスは色々あって闇の中へ・・・

ジーピーは、先輩達が400レプリカや大型へ乗り換えするという状況もあり
一人はXJ一人はGSXと後輩達にとっては棚からぼた餅状態で、譲り受け
るという言い方はなんなんで、実質、後輩の私達は買ったんです、でも中
古車市場よりもかなり安く購入できたのは先輩達の優しさ?ジーピーは
走行距離も少なくて上玉も上玉で、先輩にさそわれ耐久を見に行き、この
時に聞かされたんですが、4耐久で優勝したんだぞGPは

「え~!」

てなもんで優勝したのは私が中学の頃の話でしたが、余計にいい単車
の気がしてきて、とっても安易♪に即購入!

「ハッ!今気付きました、先輩に乗せられましたね。」

250の2ストレプリカとは全く違う領域の乗物でした。何ともトルクとパワー
が違ってまして、この時改めてKawasakiの良さを知りました、頭の中に刻
まれたんでしょうね。川崎重工が。
CBXが幅を利かせてた時に打倒CBX!で出てきたGPは流石です!負け
ませんでしたね、シグナル0-4的な時はGPが勝っていましたが、山へ入
ると19インチのフロントが泣かせます。
(腕もないのにねぇ~良く言うよねぇ~)

寝ませんです。
(でもフェックスより、数段良かったと思います)

RZの時やガンマの時の様に軽く入らず、倒しこんだる!イメージでしょうか
今乗ってるZRXもそんな感じです、「そんな感じが好きなんでしょうね」私は
入ってしまえばきちっとしますが、左右連続コーナーでは、グッと持ち上げ倒
込むの連続作業、コーナーの立ち上がりではトルクが「ドッ!」と来るのでア
クセルも丁寧に開けてあげないと、タイヤも細くて、グラ付いてくるので、内
ももで押さえて踏ん張り切ってアクセルを開けると言った具合でした。
この頃は、250のレプリカも、フロントとリアのサスがとてもいい物へ変化し
てきた時期でもあり、略した名前にシビレて買っていた奴も居ましたね、400
もレプリカが流行っていた頃で、レースからの恩恵受けた市販車がバンバン
出ていましたが、買えるはずもなくジーピーに乗り続け、半年位で乗り方が
大変下手くそだった事もありコーナーを曲がり損ねダウン!直す資金もなく
手持ちの原付へ乗る事に。

その頃の、GSX-RやFZR400にCBRなんかは凄かったですレースマシ~ン
のフィードバックで何でもありの技術結晶注入投入!各メーカーお盛んな頃
でした。新型・新車なんて学の身なので到底買えません。

そこで出会ったのが、CBX400F赤ソリッドの中古!ヤマハオートセンター
(今の赤男爵)にあったCBXに

一目惚れ♪

中学時代の憧れもありましたが、トリコロールカラーが当たり前なCBXばか
りで、その中でも初期モデルFCで赤ソリッドカラーが置いてあるじゃない!
しかも!試乗させてくれて、様相といい格好良さに頭のネジが外れ

購入!

VTを購入した時以上に更なるバイトの掛け持ち、見返りは勉強できずで、
大変な事態になりかけ、でも単車の事で頭が一杯!単車代も献上しつつ
バイトの毎日で、乗る時間が無くて磨きに勤しんでました。

ジーピーの頃とは打って変わってFR18インチ!GPより、よく寝る、とにかく
乗りやすいエンジンも良く回るHONDAのEngine、2バルブと違い4バルブで
甲高く、ジーピーと比べるとトルクが低い感じで、下からの引っ張る力が弱
い感じでしたが、上の方になると回る回る!当時既に販売していたFZRや
CBRには劣りますが、フロントは4段エアサス(直ぐ壊れました)リアはプロ
リンクって名前のサス!軽量なアルミホイール!初めはどノーマルで乗っ
てまして、遠出のツーリングへ行き出したのもこの頃でした。

1年位過ぎて、とうとういじり出しました
                        ↓意味は後ほど分かります。
VF400インテグラのフロントを換装と御飯の猿人へ。
しかし、換装できる迄は前途多難な道のりと超ラッキーな出来事がありま
した、CBXは18インチのインボードディスクでVFインテグラは16インチWディ
スク、インボードディスクより軽いホイールになってまして16インチWディスク
にしたいが為に改造。。。

今日のネットの時代でオークションとか便利な物といいますか、そんな物も
情報も全く無く、事故車とか部品取りなんて物も余りありませんでした、何
とか情報を仕入れてVFRとCBR400Fのフロントがいけるぞ!と聞きますが
まず無い状態、VFRの事故車からブレーキ一式を手に入れ、次にリアホイ
ールその後フロントのホイールを手に入れ、リアが逝ったVFRが出てきたの
で解体屋へ見に行ったのですが、雨ざらしで駄目かなぁ~ととりあえずフォ
ークを見たらやっぱり錆が浮いてる。
交渉して5000円で購入し、分解して見た所ギリギリシールの部分には
錆びもなくステムの所だけだったので綺麗に磨き使える状態へ。
他の部品もと思い、次の週に解体屋へ行くと・・

DERA   インテグラあるが!
大将     盗難で、エンジン回されてもう掛からんぞ
DERA      エンジンはえ~て、フォークは生きとるんでしょぉ?
大将        タイヤの溝あるで1万でいかんか?
DERA         タイヤいらんで、自分でばらすで5000円で頼むてぇ~

陳謝※スッゲェ名古屋弁で失礼します。

早速大将と交渉、忘れないぞ!くそ大将!足下見やがる大将で先週買った
フォークを3000円で買取ると言い放ち、くそぉ~と思いながら買い取らせその
3000円を手付け金に、後後後後日改め買い出しに、この時、運を使い果たし
た如く思える、超ラッキーな事が、後後後後日にお金を持って行くと今度は

「550が寝とるてぇ~!」
 ↑
ゴーハンっていいます。(CBX550F)ですね。

見たら、えらい事故車で、フロントは全く×リアのタイヤも吹っ飛んで、カウル
タンクは何処へやら?クラッチカバーの上の方は削れ過ぎて、覗けばクラッ
チ見えてたし、何故かジェネレータカバーは無いし、でも、クランクケースの
割れやフィンやヘッドカバーは擦れてた程度ヘッドとシリンダーピストン等は
間違いなくいける!でも、どう見ても悲惨な状態の550F・・・・・・

「ど~せたけぇ~事言うんだろうなぁ」と思い大将に聞いたら

「じゃぁ~あそこの山全部ばらしたら、エンジン持ってていいぞ!」って
山ってのはボロボロになった原付の山

あれだけ恨んだ大将に、二人目の天使が降臨!
まぁ大将からしてみれば、ボロボロだったし、ばらすの面倒だし、直る訳ない
だろうと思ってたんでしょうね、私にとっては、とんでもない価値のあるエンジ
ンなので原付バラシの快諾!その台数と来たらえらい台数で・確か20台位!?
やっとCBXのエンジンへ、取外して、つれの店の軽トラに乗せ帰宅。

友人ありがとう!サンバーありがとう!

かぁ~!!!!550のエンジンが目の前に!

ここからこの部分を書くと無茶苦茶長くなるので       省略。。
             
試行錯誤の末、素敵で無敵なCBX400F貝御飯として生まれ変わりました。

海苔味は、長文過ぎなのでKawasakiにはまって行くと共に、また次回・・・

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://drasticmachine.blog17.fc2.com/tb.php/17-87b18505

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。